ブログをやってる人は基本的にリア充じゃないからブログしてるんですよ。
クラブなんか行かないし、友達も多くない。 
とある方がこう言ってました。 

本当にそう思います。
自分の中のモヤモヤしたもの、消化できないことを文字にして、なんとか生きているんですよ。

お友達から「ブログはどうなっているの?」と叱咤激励の連絡をうけました。
インプットばかりでアウトプットが追いついてない状況で、実はこれでも発信したいことは山ほどあるんですよ。
ただリアルが充実しすぎていて・・・もとい、忙しすぎまして・・・3週間放置プレイ。
はい、すみません。

そんな私の近況をお伝えしときますね。

実は3月末から末っ子の保育園のお迎えをしてくれていた義母が体調を崩しまして、しばらくの間おやすみしてもらうことにしました。
大事には至っていませんが、若いと思っていた義母も体力的にしんどい部分があり、気づけなかった私の「甘え」が露呈したな、と反省しました。

8年前仕事復帰の為、お迎え病理保育を義母にお願いしていました。
当時幼稚園に通っていた長男・長女から言うと7年間も継続して幼稚園・保育園にお迎えに行ってもらってました。
家庭にいる方なので、子どもが病気の時、私が残業の時、私が仕事から帰るまで保育をお願いしてました。
義母のおかげで私は安心して定職につくことが出来たし、仕事に出ることが出来ていたのです。

今まで十分すぎるほどしてもらってきたので、私にとっても子ども達にとっても、いい機会だから義母に頼るのは卒業しよう、とみんなで話し合って決めました。

周りに支援の手があることは本当に恵まれたことだと思います。
そして私は2年前「私の存在意義って何だ?」と全てがわからなくなった時に、色々外に飛び出せたのも周りの支援があったからこそです。(勝手に飛び出しただけですけどね)
本当に家族のおかげだと思っています。

私の周りには自立した女性たちがたくさん居ます。
全てを自分や夫とこなしています。
そして本当に困った時は助けを借りる。
常に借りていた私は「恵まれているね」とよく言われたものです。
このように支援の手が身近にあっても自立している方もたくさんいますし、私より甘く、ご飯やお風呂までお願いしている方も正直います。
義母も自分の息子が元々家に帰る時間が遅いことや非協力的なことに負い目を感じていて「お迎えだけでも協力させてね」という好意を私は素直に受けました。

が、もうそれは卒業しないといけない。
私も子ども達もいつまでたっても「自立」できないな、と思ったのです。
単純に時期がきたんです。

2歳違いの兄弟なら幼稚園に通う年数は5年です。
それをいくら3人とは言え、7年間もお願いしていた。

全てを自分でやることが「自立」ではないけれど、いつまで経っても精神的に「自立」できないのは悪循環だなと思ったんです。
もちろん、仕事の都合上でやむを得ない場合もあるので、そこは臨機応変にお願いするかもしれませんが(頼りの夫も不在なので)



・・・


が、やはり一人で3人の子育ては想像以上にヘビーです!!!


一番忙しい日のタイムスケジュールです。

6:30 起床・お弁当・朝ご飯
7:00 子ども起床
8:00 全員学校・出勤・ゴミ出し
8:20 保育園へ
8:50 出社
9:00 仕事

17:00 退社
17:40 帰宅
17:50 長女の習い事の送迎
18:10 保育園にお迎え
18:20 スーパー
18:50 帰宅
19:00 夕飯の準備
19:30 長男の習い事の送迎
20:00 帰宅
20:10 夕ご飯・団らん
21:00 洗濯物片付け・お風呂掃除
     末っ子・長女お風呂
21:30 長男の習い事の送迎
22:00 帰宅
22:10 長男夕食・お風呂
22:40 お風呂
23:00 長男・長女就寝
     末っ子寝かしつけ
23:30 後片付け
24:00 翌日の準備・洗濯物
     読書など
25:00 就寝・夫帰宅
※就寝時間5時間~5時間半。 

これほぼ毎日です。
きっつー。
赤文字部分を義母がやってくれていたのですが、1項目増えるだけも結構キツい。
これを普通にやってのけてるお母さん達はエライわ~!!
強いはずだわ。
これは、お母さん達は涙なくして語れないね!
シングルマザー、ファザー万歳!!

子ども3人の活動時間がバラバラで末っ子の就寝が結果遅くなり、よく保育園では怒られていますが、これが私一人が出来る活動限界です。
効率化するやり方はいくらでもあるんだろうけど、毎日のことだし、子どもの予期せぬハプニングも多々あるので、こんな感じです。

けど、こんなのも後2・3年だと思うと、がぜん思いっきり楽しもうと思えるようになりました。

2年前の私はこの現実の辛さに耐えられなくなって逃げ出したけど、今は違います。
この春、長男は周りがやっているからという理由で興味のないことを続けてきましたが、それに決別をつけ、自分の人生の舵を自分で切りました。
長女もずっとやってみたかったスポーツを始めました。
自分のやってみたいことを自ら選び、目標に向かって頑張っているので、親として出来る限りの協力はしてあげようと思っています。
だから頑張れます。


つーことで、リアルが忙しすぎて寝る時間を削ってまでブログは書けないという毎日を送っています。
けどそれは基本毎日更新を1年間続けてきて、文才も力量もなく、ない頭を色々働かせたからこそ、わかること、言えることだと思います。

たかが1年ですが、色んなことを学びました。
今は子ども達の発達段階において、3人とも大事な時期なので、それに勝るものはないのです。