なーんもしたくないという気持ちから早いもので4ヶ月。

自分なりにガーっと突っ走ってきて、ふと辺りを見渡した時の身近な人との途方もない価値観のズレ。

これは、わかる人にはわかると思うのですが、嵐の前の静けさ。

変化しようとしている手前に地下に潜るタイプです。

自分の考えに凝り固まるのは、いけないなと思い、最近は毎日1冊は購入して読んでいます。

理論武装してもただの頭でっがちになるよ、と誰かの声が聞こえてきそうですが、今の私には必要だから選択している。

本当に気が狂うほど、自分と向き合っています。

誰の為でもなく、自分の為に。

きっと正解はないと思うので、心のままに進んでいこうと思います。

「それがいい。」



前置き?が長くなりましたが、最近はじめたことがあります。

年末は大掃除せずにゆっくり過ごしたいとの想いから、1カ所ずつ掃除を始めたんです。
(例えばリビングの机・本棚・手紙・カバンの中という非常に狭いカテゴリー)

すると、たった1カ所なのに45リットルのゴミ袋が2つ出来上がりました。
(ゴミの日までに出来上がった)

「一体、私は何をこんなに抱え込んでいたんだろう?」

ってなりますよね。笑

1年って早いようで、実はすんごい長い期間。

その間、捨てれるのに、そのままとって置いたものたち。

「いつの日にか使うだろう」って気持ち。

絶対使わない。

コンマリさんの言ってることは本当だね。




これは本当に人間関係においても言えることなのですが、

「誰と どのように時間を過ごすか 何処で そしてどのようなお金の使い方をするのか」

瞬時の判断力を磨いてくれます。

2袋のゴミ袋を見て思うことは、自分の判断力の無さに愕然とすると同時に、むしろシャッキと「やる気」にさせてくれました。

「やったるで!」って。

もう、ずーと同じことの繰り返しだから、変わらなきゃいけない。
変わりたい。

そして掃除の結果、半年ぶりに包装紙の中から出てきた「キャンドル」。

気に入って買ったはずなのに、この時期の判断が間違っていたのかな?なんて思いもあって、怖くて包装紙から出せないままいたんです。

すっかり香りも飛んでしまって、価値は損なわれてしまってましたし、作家さんに申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

ただ、ロウソクの灯りを見つめては心がホッと和みました。

いつまでも眺めていたいそんな気持ち。

IMG_20151214_201144


掃除してスッキリ!

ない頭も心無しかスッキリ!

怖いものもきちんと目に見えるところに出せた。

うん、間違いじゃない。

問題はそこじゃない。それ以前の問題をクリアにしてないから起こること。

子供たちも笑ってる。

自分を肯定出来ることを毎日積み重ねてゆく。

少しずつ、少しづつ。

明日はもっといい日になるでしょうね。




更新情報はこちらから







併せて読みたい!!

生粋の高知県民がオススメするよ!

高知のいいとこ・悪いとこ


第2の思春期!色々ほざいてます!エッセイ

幸せな女の作り方


亭主元気で留守がいい!母子の日常マンガ

絵日記