昨日の記事で、なんで高知の街が好きなのかな〜?

【関連記事:間違っていることすら容認してくれる街、そんな高知の夜の街は哀愁いっぱいです。

なんて考えてみたら、多分きっと『深夜食堂』の世界観ぽいからだと思ったんです。

14


 原作者の安倍夜郎氏は高知県西部の幡多地域出身です。

どうりでこのマンガ見ると「ほっこり懐かしい」さを感じてたんですね。
舞台は都会という設定ですが、強烈な個性を持った常連さん達、それを付かず離れずで見守っているマスター。
美味しそうな懐かしい料理の数々。
そしてねじれまくった人間模様。

00
(高知の飲み屋ってこんな感じなんです)

華やいだ感じは全くないのに、惹かれてしまうこの作品。
とっても好きです。


高知では今、「安倍夜郎展」やってます!

52

むむ!11月中には出向きたい!

9月の超目玉イベントに行けず、意気消沈していますが、必ずや出向く予定です。

なんてたって、「記念撮影コーナー」あるんですよ!
あの食堂が!!

いくっきゃないでしょ?!


安 倍 夜 郎 展  ~深夜食堂へいらっしゃい~
横山隆一記念まんが館 第6回高知出身まんが家展
 
【開催期間】 2015(平成27)年9月19日(土)~11月23日(月・祝)
【開催場所】 横山隆一記念まんが館企画展示室
【時間】   9:00~18:00
【休館日】  毎週月曜日(但し、9月21日、10月12日、11月23日は開館)
【観覧料】  一般500円/団体400円/割引250円
 ※高校生以下無料/団体は20名以上
※65歳以上の方及び身体障害者手帳(1,2級)、療育手帳及び精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方とその介護者1名は割引料金で観覧いただけます。
※安倍夜郎展をご覧の方は、常設展示を200円で観覧できます。(一般410円のところ)
 
最後に大好きなこの曲とともに今日は眠りにつきます〜。






おやすみなさい〜。


今日も焦らず、コツコツと、信念だけは絶やさずに・・・。

まあちゃんでした。 


更新情報はこちらから