ドラゴンボールは世代なので、漫画、アニメ、映画、全部といっていいほど見ています。
そして子供達もそれぞれ見ているのでかなり見ています。
主人も未だにジャンプを愛読していますし、一緒になって見ます。
というか、軽く30年は一緒に歩んできています。
(・・・が、おかしい事に私の記憶は右から左で圧倒的に「このシーン見たことない!」を連発します)

そこで、凄いのは悟空とチチの関係です。
いくらマンガだからと言ってもこの夫婦関係、親子関係が理想なんじゃないかな?
と思わされることばかりです。

では、見ていきましょう!!

話は「ドラゴンボールZ」、「改」で魔人ブウを倒した時に悟空が閻魔大王様に悪いブウの輪廻転生をお願いした後の天下一武道会に戻ります。
するとどうも感覚で天下一武道会に出場している少年ウーブ君がその生まれ変わりだと察知し、試合に挑みます。
しかし、少年ウーブはまだまだ修行や覚醒前です。
悟空は修行をつけてあげたいと思います。
20150628_142023
ウーブは自身の生まれが豊ではないので家族に賞金を持って帰ることを約束していること。
修行代など悟空に払えないことを伝えます。
20150628_142151
すると、悟空はサタンに払ってもらうことを勝手に取り決めました。
20150628_142159
サタンの名誉やお金は悟空が身体と命を張って地球を何回も救ったからですよね。20150628_142204

20150628_142200

お金の問題は解決!!
次は悟空の家族の了解を得に行きます。
20150628_142226
悟飯が「えっ?!」って言うのもわかります。
20150628_142229
一同騒然!!
20150628_142231
「たまに帰ってくるから」を言い残し旅立ちます。
20150628_142235
同じ言葉でもこちらのアップの方が誠実な印象を受けるのは私だけでしょうか?
20150628_142443
そして、残されたチチは・・・
愕然と途方に暮れます。
そりゃ、そうでしょう。。。
そして、画像がブレているのは私も感情移入しすぎてしまったからです!w

チチは以前からサイヤ人の悟空は歳を取らず、自分だけ年老いていくこと
悟空が修行ばかりで家に帰ってこないこと
悟空が修行ばかりで家にお金をいれないこと(働いたことがない)
悟空が修行ばかりで悟飯に勉強ではなく修行をつけること
に不満をあらわにしていました。
(我が家の場合は上記を修行→仕事に置き換えて頂き、お金を入れないことはないです。
それだけでも感謝しなくては!そして家にいないので子供と触れ合うことは皆無です。)

女としての焦りや苛立ちが非常にストレートに出ている女性でとても好感度を持ちます。



20150628_142718
 そして、ブルマはいつでも悟空に対しては正しいことを言います。20150628_142723
 またもやブレは感情移入からなせる技です!!20150628_142728

男目線でものを言うとこうなります。
20150628_142750


で、何がいいたいかと言うと、かなり自分勝手な悟空ですが、修行(=好きなこと)をし続けているから、結果として大事な家族や地球を何回も助けれたんです。
チチの父親が牛魔王で資産家だったことも助けにはなっているでしょう。
そして名誉や富は要らないからとサタンに譲ります。
けれど困った時はサタンにお願いします。
すごくいい流れだと思うのですよ。

チチはなんだかんだ言って悟空を許しています。
悟空のしていることは身勝手ですが、信念があることもわかっています。
なんてたって地球と人類を幾度となく助けているのですから。
だから一緒にいるんです。

私も愚痴や文句を言ってしまいがちです。
けれど主人にも誇りや信念はあります。
それは当分、続きそうです。
悟空のように好きなことをしてイキイキ、ワクワクしてくれていたらいいのですが、とても睡眠時間3時間では死んでいるように思います。
心配です。
そんな葛藤をむねに、私が暗く思い詰めて廃人寸前になってしまっては子供達がかわいそうです。
精神を煩うか、笑って生きるかというギリギリの選択を突きつけられた時、私は笑って生きたいと思い、
創造したいと思い、ブログを書いています。
誰にも見てもらえていないし、認められてもいません。
けれど表現する事が生き残るすべだったのです。


それでは最後に 
悟空とチチの出会いと結婚までの流れをどうぞ。。。
芭蕉扇を探しに2人でカメ仙人のことろまで一緒に行くのが出会いです。20150628_144020
そして悟空は単純に「男か女の違い」を確かめます。20150628_144023
 「きゃ!!」
20150628_144025
「おまえチンチンついてないな〜。女だろ〜。」
純粋な思いです。
20150628_144028
そりゃ、怒ります!20150628_144030
けれども乙女心に「あんなところを触られては、もうこの少年のところにお嫁に行くしかない」と子供ながらに思ったのです。20150628_144139
なんか凄くわかるな〜。
私は偉そうに書いているように映るかもしれませんが、恋愛は片手に収まる人数しか経験した事ないです。w
決め手というか、恋愛なんて始まりはそんな勝手な思い込みなんじゃないでしょうか?



ああ、主人に対してチチのように心を広く持ちたい今日この頃です。 



更新情報はこちらから