新年早々の記事はやはりアニメ!!
以前の記事(「おかしなガムボールの話が深い件」)にも載せましたが、実はまだまだ
素晴らしいエピソードがありますので、ご紹介。

第28話「いい母親はどっち!?」のお話。
この話はおバカなパパさんリチャードのお母さんがガムボール 宅へ来たときのこと。
ad2dd09b94160ec45ee106fe46208af8

パパさん(リチャード)
ガムボールのパパ。専業主夫で、ちょっとドジな大きなピンクのウサギ。パパは仕事にはあまり向いていないため、家にいて、子供たちの面倒をみています。でもたいていはビデオゲームをしたり、居間でテレビ番組を見たりして過ごしています。でもパパは子供たちを何よりも愛していて、子どもたちやダーウィンもパパが大好きです。ガムボールとパパは父と子というよりも友だちのようです。パパはしょっちゅう、ガムボールの トラブルに巻き込まれたり、自分のトラブルから抜け出すためにガムボールの助けを求めたりします。パパがどんなにめちゃくちゃなことをしても、家族はいつもパパを許してしまいます。

 
19cfdfa877e9b6fda9ca6170aa773d0a

ママ(ニコル)
ガムボールのママで青いネコ。虹工場(レインボーファクトリー)のセールスウーマンをしている、一家の大黒柱。母親として、アナイスを大事に見守り、ダーウィンをまるで自分の本当の子どものように可愛がり、ガムボールに「自信」をもたせ、彼らが道を誤らないように一生懸命に育てています。ですが、たまにはそういったプレッシャーを吐き出さなければならないのに、誰も分かってくれません。だからママは、車の中で思い切り叫んだり、ドアを何度も乱暴にバタンと閉めたりして、時々ひそかにストレスを発散していたりします。ママは絵描きになりたかったのですが、仕事をしなければいけませんでした。でもそれで良かったのかもしれません。ママの芸術作品をみるとわかるように、実は絵がヘタクソなのです。

 

ママ、ニコルは正直お義母さんが苦手。
なぜならお義母さんはしっかりしすぎて過度な擁護をリチャードや子供達(ガムボール達)に強制的に
執行してゆくからだ。
今回のエピソードではかなり犬猿の仲な2人。
どっちがいい母親かを競い合うように。

それもそのはず、お義母さんが容赦なくママ、ニコルのすることに口出しして文句をつけ、自分の
思い通りにリチャード達をいいくるめるからだ。

その結果リチャードたちは何も自分で考えることが出来ないおバカになりさがってしまう。
それに警鐘をならすのはママだけ。
夫と子供達をおバカから救い、元来の姿へ戻す事に翻弄する。
結果、ママの愛と根性勝ちで夫と子供達を自分に取り戻せてハッピーエンド。
お義母さんも少し反省するってお話なんです。
(YouTubeにこの話がなくアップできませんでした)

けどこの話、結構シビアで現代社会の問題点をシュールに描いていて、これまた圧巻の仕上がり
なんです(根拠は関連記事:「おかしなガムボールの話が深い件2」をご覧ください)

日本人って子供は親の所有物って価値観が蔓延していて、家柄にしろ、職業にしろ、結構親がある程度
レールを敷いていると思うんですが、海外では、そんな事考えられないですよ。
子供であっても一つの人格者ですから、幼くても対等に接していますよね。

だから幼くてもある程度責任と使命があるのですが、それは自由を手に入れる為の糧といいますか・・・
 それに比べ、日本はやはり親の趣味・思考が強制的に子供達に施されている気がします。
それが絶対的に悪いとは思いませんが、それを受け入れることの出来る子達ばかりではないということを
わかったうえで行動してもらいたいものだと思うのです。

日本の自殺者は毎年3万人もいて、精神的な問題を抱えている人達も大量にいますよね。
きずきずした社会環境というのも問題なのですが、本人自体の心が平穏であれば、
精神を追い込むことはないんではないかと思います。
それはやはり幼少期の親との関わり合いが重要なんではないでしょうか?

また、劇中ママさんが

「お義母さんが、何でも駄目、ダメ言ってるから、
リチャードは何も考えることが出来ず、
こんなおバカさんになったんじゃないですか?」

ってお義母さんを罵倒します。
これ、まんまですよね。
他人の言うことのみで生きていくと、本当に何にも考えられなくなるんですよね。
私がそうでしたから、これはすごく同感します。
自分で何かお超そうともしませんし、無難に時が過ぎるのを待つばかりで結局社会性が伴わず、
引きこもりになりがちなんです。

オバカなパパさんリチャードは専業主夫です。
専業主夫が悪い訳ではありませんが、リチャードの場合、社会性がなく仕事が出来ないんです。
けどそれに関して誰も怒りませんし、逆に認め、許しあってる素敵な家族なんです。

素敵だと思いませんか?


 形は変われど、我が家も社会性、生活能力がかなり低いので共通点があり、私はこのエピソード
しっくりきて大好きなお話です。

皆様もアニメと思ってあなどってはなりませぬぞ!!
様々な社会メッセージが含まれており、それを読み解くのも楽しみの一つでありますよ♪


更新情報はこちらから