老いも若きも老若男女も。。。
今は「妖怪ウォッチ」の虜ですね~♪
image
出典:yahoo

うちの子供達も超楽しみにアニメ見たりゲームしたりしていますよ!
高知でのアニメテレビ放送はテレビ東京系の放送局キーがないので、
高知県民はBSかCSで見ています。
なので、リアルタイムより少し遅れるか、だいぶ遅れて視聴することになるのですが・・・

11/10にこんな記事がエキサイトニュースの一面を飾っていました。
「妖怪ウォッチ」放映休止、何がマズかったのかよーく考えてみた

「?」と思う部分もありましたが、そこはやはりプロのライターさん。
文章構成が面白かったので、楽しく読ませて頂きましたよ。

内容はというと。。。

アニメ版『妖怪ウォッチ』は前からきわどいパロディやりたい放題で、今までギリギリのラインを綱渡りしていたから。「ついにアウトだったか」「いつかはこうなると思っていた」と深くうなずく向きばかりだったりします。

つまり、放送中止になったのは、行きすぎたパロディが原因と記載されていました。
あと、もろもろ「妖怪ウオッチ」について書かれていました。


すると、翌日反論記事が出回っていました!
アニメ「妖怪ウォッチ」39話放送中止の理由。周回遅れライターによる
蒸し返しに全俺がお怒りのようです。


こちらの内容はというと。。。

先月末、テレビ東京は放送休止理由を話さないまでも、パロディーが原因ではなく、『「今」流すのは控えた方がいいという判断』と時期的な問題としています。

つまり、1ヶ月も前の話題で、当然まとめ記事や、製作側からの正式発表も出ているわけであって、
にわか知識で適当に書き散らかすな!と言っておられます。

私も両記事よみましたが。。。後者のid:adsenceさんの記事が100%正論です。
ひっとり納得しまくってました!!
そして個人ブログを執筆している私にも起こりうる「情報収集」のなさ。
勉強になります!!

ほぼ同じ意見なのですが、2点だけ。。。!!
個人ブログなので書かせていただきますネ!

1.そもそも39話が放送中止となった10/10からもうすでに1ヶ月近く経とうとしている今この時期に
この前出の記事。。。
高知は放送に遅れがありますが、この39話はBSで10/11に放送され、我が家はバッチリ録画
して見ましたので「?」なワケです。
「え~?なんで~?U・SO見たで~?」



それに「妖怪ウォッチ」のパクリネタは今に始まった話ではないんですよね(笑)
そこが私は好きで子供達と一緒に大笑いしながらアニメ見てる派なので!
それにパクリネタは「ケロロ軍曹」も色濃かったと思いますよ。
(但し、あれは提供が“バンダイ”“サンライズ”だったので問題なしと思いますが)
パクリネタについてはNAVERまとめにまとめられているので閲覧してみて下さい。
ただ、1カ月経過し、作風に変化がないことを肯定する為に、この時期だったのかな?と…。

一番好きなパクリネタはやはり
「U・SO」とか
「イケメン犬」の回でウィル・スミスやブルース・ウィルス等をパクったネタが最高に
くだらないけど、面白いです♪

パクリネタではありませんが、個人的に1番好きなキャラクターは「認MEN」です♪

もう、このパクリネタは製作会社「レベル5」の戦略ですよ。
子供のみならず、親世代(20~40代)ドンピシャのパクリネタ!!
そしてゲーセン専用ゲーム機もギャンブル性の強い内容でして
「こりゃ、お金使いたくなる!」

2.あと、もう一点「?」となった部分は
結構、世間で言われている事。。。
子供が「都合の悪いことは、全て妖怪のせいにする」
って傾向があるってゆう話!

うちの子供達そんな事、一言もいいません!
末っ子の3才ですら、言いません!

ただ運よく、言わないだけかもしれませんが、
子供だって人格を持った1人の人間です。
きちんと説明すれば、理解してくれますよ。
アニメを見せる側の親が内容を理解して、メッセージを子供達に伝えれた
上で見せると、そんな問題は問題でなくなるはずです。

内容が教育上よくないとか色々言われてますが、
これだけ世間一般に受け入れられているとゆうことは
みんなが求めているものが「妖怪ウォッチ」にはあるとゆうこと!
それは単純に「笑い」でいいんじゃないでしょうか?

「妖怪ウォッチ」はつべこべ言わず、ただ笑いを追及しているアニメです!!
楽しくみたら、それでいーんですよ♪
それでみんなハッピーなんだから♪